うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

【パワハラ】あなたの周りにもパワハラ上司が・・!?【事例】

f:id:uriuridayo:20160205191419p:plain

 

こんな記事を目にしました。

 

www.yomiuri.co.jp


タイトルだけ見ると、良い上司が道を誤ってパワハラ上司と化してしまう・・

 

 

そんな落ちぶれ話のような感じかなぁと読み進めたのですよ、最初は。

ところがですね、実際に読んでみたら違ってまして、

 

自分の中で当初想定していた感想と違った結果にたどり着いたので、残してみたいと思いましたとさ。

 

 

記事の構成

 

この記事は、だいたい以下のような構成となっています。

 

それぞれについて自分なりの感想と意見を添えながら進めます。

 

 

パワハラの定義

 

今更ながら。

普段何気なく使っているパワハラという単語ですが、この機会にきちんと定義を調べてみました。

 

 

これについては、

厚生労働省「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ(WG)」の提言により、平成24年1月30日に以下のように定義されています。

 

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為

 

 

そしてパワハラの類型として、以下の6つを提示しています。

 

  1. 暴行・傷害(身体的な攻撃)
  2. 脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
  3. 隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
  4. 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
  5. 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
  6. 私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

 

 

改めて文章で見てみると、なんだか凄いです。。

 

 

とりあえずパワハラという言葉の定義と類型を確認したところで、記事の内容に入りたいと思います。

 

 

パワハラ」ということばの浸透

 

記事中では、

 

パワハラ」という言葉が社会的に広く認知されるようになった現在、

  • 業務上必要と思われるような「指導」までもがパワハラととられられがちである
  • 指導する者(パワハラ行為者(=加害者))が、有能な者である場合が多く、指導に萎縮が生じると会社にとって損失であると考えらえる

という形で記述されています。

 


確かに、上司たるものですから、多くの業績があり、また課題解決能力・突破力に優れる人であることが多いでしょう。

 

そしてその有能な者からの指導は業務上「正しいもの」であるはずで、それが少なくなるのは会社にとって損失である・・というのも頷けます。

 

 

「セクハラ」の件じゃないですが、やたらめったら濫用されると困るのは確かかもしれねぇな。とは思いました。

 

 

厳しい指導はいけないことか

 

次に記事中では、

 

「どうしようもない部下たちに声を荒らげたり、厳しい指導をしたりすることがなぜ、問題なのか」

 

という話を展開し、以下のような例を挙げています。

 

  • 顧客への細かい気配りが必要なのに、乱暴な動作を繰り返す店員
  • 大学では、中学生レベルの学力にも達していない学生
  • 営業成績が上がらないのに反省もないセールスマン

 

確かにこのようないわゆる「ダメなやつ」には、厳しい対応・指導が必要だと思います。

 

 

 

が、こうゆう奴らは概して以下のような傾向があります。


「何回注意しても意に介さない」「身勝手な言い訳をする」「反抗的な態度をとる」

 

こうなると、もはや冷静ではいられないのも当然な流れになります。

 

 

 

そこで、

「そんなつもりではなかったが」

 

相手の対応で、

「つい、口調がきつくなった」「感情的になってしまった」

 

 

 

ここが問題だと思います。

 

上司だって人間なんだから、こんな態度でこられたらキレてしまうこともあるでしょう。

だけど、だいたいの場合においては、キレてはいけないんだと思います。

 

 

叱責とパワハラの違い 

 

叱責についても調べてみました。

kotobank.jp

 

叱責とは、他人の失敗などをしかりとがめること となっています。

 

 

そして、叱るとは、目下の者の言動のよくない点などを指摘し、強くとがめること 

です。

 

 

 


理性的に叱責するのであれば、それは正しい指導でしょう。
ただし、キレて言い放った言葉は、それはパワハラになりうるのではないでしょうか。

 

 


キレてしまった結果、

 

「そんなつもりではなかったが」
「つい、口調がきつくなり」
「感情的に思ったことを言ってしまう」

 

それがエスカレートして、

脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言を吐いてしまう。

 

パワハラ

 


こんな構造なんだと思います。

 

 

パワハラ上司になる人の特徴

 

記事中において、以下のような人がパワハラ上司になりやすいと結論しています。

  • 仕事の実績があること
  • プライドと自信があること
  • 職場環境へ影響を与える人であること

 

つまり、

 

仕事の実績がある人はプライドと自信があるので、

「指導は正しく」「部下に高い水準の仕事を求める」ことは当然のこと

と、本人も職場の人も思い込むような影響力のある人

 

パワハラ上司になりやすい・・と。

 

 

私なりの超拡大解釈をすると、

みんな無自覚のうちにパワハラさんになってしまいかねないということだと思います。

 

 

なぜこんな解釈に?

 

・・って感じで意味わかんねー!って方もいるかもしれませんが、

自分なりに結論づけたのは、

 

 

長く同じ部署居る人や同じ部署の役職についている人は、

 

長く仕事の実績があって、

長くいるから仕事を分かってて自信もあって、

長くいるから職場への影響力もあって、

そしてそれが普通のことになって、

 

パワハラまがいの行為に及んでいたとしても、本人も周りも誰も気づかない。

 

 

こうゆう状態になりがちなのではないかと、そう思ったわけです。

 

 

てゆーか、コレ俺の職場だわ

 

やべー、なんかモヤモヤしてた気持ちがはっきりしました。

 

uriuridayo.hatenablog.com

 

こちらでウチのボスについて少し書いていますが、まさに今回のパワハラ上司になってしまう人の特徴のまんまです。笑

 

 

というか、思い返せばすでにパワハラ受けてたわ!!

 

 

思うコト

 

今回の記事を読んでから、どうゆう方向にまとめようか悩んでいました。

最初はフツーに感想記事にしようかなとも思ってたんですよ、みんな気をつけようぜ!みたいなノリで。

 

けどね、読んで考えているうちに、思いがまとまりました。 

 

 

 

人事的な定期異動はきちんと行うべきだ。

この一言です。自分も含めてね。

 

 

 

実体験をもってのことですが、狭い空間に少人数で固まり、外部の目も届きづらい・・

となると、性格にもよるんでしょうが、独裁的な感じになってパワハラさんが出来上がってしまうのも仕方ないのかなとも思います。

 

職人じゃなく、ホワイトカラーであるなら、人に仕事が付くわけでもないと思いますし。

 

 

不正経理とか横領でもそうですよね。

「あの人」に全て任せていて他の人は全然状況がわからない。

でも「あの人」だからきちんとしているだろう。

 

 

 

・・そうゆうところから間違いが起きる。

 

そうゆうのを防止するためにも、公務員のように定期異動は必要だなと感じました。

 

 

 

さぁて、来週は人事課に通報だな☆も頑張ろうっと☆

 

 

そんな感じで!!

うりはがんばりますよ!!

 

 

おわり。