読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

【不妊治療】病院選びは最初が肝心!

男の妊活

f:id:uriuridayo:20160211131653j:plain

 

こんちわ!!

うりだよー!!

 

 

さて今回は、病院選びは大切だという話。

現在私と妻は絶賛妊活中なわけですが、その過程で体に問題があることがわかりました。

 

 

結婚して3年。

そろそろ第一子を・・と思い始めた妊活。

 

当初、避妊をやめたらすぐに授かれるもんだと思ってました。

半年を過ぎる頃までは・・

 

 

一向に授かる気配のないことをさすがにおかしいと思い、9ヶ月目あたりにお互い病院で検査してもらうことになりました。

 

 

検査の結果、夫である自分自身には(恐らく)問題がなく、自然妊娠可能な状態であることが分かりました。

 

一方妻の方は、若干の問題を抱えており、治療が必要であることが分かりました。

しかしながら、その治療方針に関しては納得のいくものではなく、

我々夫婦はやむなく病院を変えるという選択をしました。

 

 

ということで、それまでの過程や実際に感じたことについて

書いていきたいと思います。

 

 

まずはお互いの検査

 

これについては過去記事でも書いていますので、是非ご参照下さい!!

uriuridayo.hatenablog.com

 

ということで、夫は精液検査を受けるため、男性不妊治療を掲げる泌尿器科へ。

 

私の方は、軽度の左精索静脈瘤の疑いがありましたが、2回の検査の末、精子機能については問題なく自然妊娠可能なレベルと判定されました。

 

つまり、ほぼ問題なしでした。

 

 

 

一方、妻はとりあえずかつて通院していた病院の婦人科を受診しました。

この「とりあえず」というのが、今考えれば我々のまず最初の誤りでした。

 

 

「とりあえず」の選択をしたのには、その段階ではきちんと理由がありました。

 

まず第一に、検査を受けようとした時点では、

  • 自分の重症度がわかっていない(というかそう思いたくない)
  • 不妊関係の検査可能な病院の予約が取りづらい
  • ガチな専門病院はそもそも検査目的の受診不可

という状況でした。

 

その点、かつてかかりつけだった婦人科であれば、

  • 通いやすい
  • 過去のカルテがあるので状況が分かる(はず)
  • 一応、タイミング指導などを行ってくれるとのこと

であったため、「とりあえず」の選択をしました。

 

 

検査の結果

 

妻は以前に、生理不順での通院歴がありました。

その時の原因は、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れということで、血液検査や投薬治療などを適切に行ってくれた結果、本来の状態に戻れていました。

 

 

ところが今回に限っては、

  • 妊娠目的であることを伝えても経過観察が続く
  • 検査らしい検査も行われず、原因が特定されない
  • 自分の状態も、治療方針も見えないため、不安が募る

このような状態が3ヶ月ほど続きました。

 

 

もうすぐ35歳が射程圏に入ろうかという年齢の我々は焦りました。

そして、不満でもありました。

 

そこで、思い切って病院を変えることにしました。

 

 

新しい病院を探せ

 

ということで、さっぱり進展が見えないかつての病院に見切りを付け、
不妊治療を掲げている他の病院を探します。

 

条件は至って単純で、

  • 自宅から通える範囲
  • 評判が良さげな病院

これに尽きます。

 

 

この基本条件のもとで、

ウィメンズパークなんかで病院検索しつつ、口コミを探したりもしました。

women.benesse.ne.jp

 

そして、街中で通いやすく、かつ不妊治療を掲げるレディースクリニックを3つチョイスし、いざ電話で予約をしようとしたのですが・・・

 

 

  • 1件目:不妊治療を謳っているくせに他院を勧めてくる
  • 2件目:初診でも高度不妊であることの紹介状が必要
  • 3件目:治療前にセミナーに参加してもらう必要がある

 

 

こんな調子で、我々夫婦2人は怒り狂っていました。笑

そして、こうゆう不妊なの?そうじゃないの?っていう、ボーダーそうな人たちの受け皿というか診察を行ってくれる病院がないこの環境を呪いました。

 

 

まさかのiタウンページ

 

・・で、新しい病院の候補は見つかりました。

iタウンページ

 

きちんとレディースクリニックであることは分かります。

が、ホームページなし、口コミなしであることが非常に我々を不安にさせます。

 

 

 

怪しい医者だったらどうしよう。

ちょっと郊外だし・・

 

そんなことばかりを考えていました。笑

 

 

いざ、新しい病院へ


病院のホームページも口コミもない怪しいところに意を決して飛び込んだわけですが、実際に訪れると、

 

  • 施設や設備新しい
  • 先生はざっくばらんだが親身になってくれる
  • 治療方針と内容が確実に進んでいると実感できる

とっても良い病院でした。

 

 

これまで2回の検査を行い、原因と治療の方針もきちんと説明してもらいました。

道のりが長いのか短いのかはまだわかりませんが、この病院で再スタートを切ることとなりました。

 

この病院では、先生が親身になってくれていることと、治療が進んでいるなって実感できることが、心の支えの1つになっています。

 

ある意味ツイていました。

 

 

まとめ

 

不妊なのかな?と思って病院にかかろうと思ったら、思いの外苦労した上、時間を無駄にしてしまいました。

 

この記事のまとめとしては、

  • 病院にかかるなら最初からなるべく専門医院を受診すべき
  • 疑問があれば先生に聞く
  • 治療に納得できないなら潔く病院を変える

 

この3点に尽きるかと思います。

 

 

早く子どもを授かりたい・・

これは多くの方共通の願いだと思います。

 

そのためにも、不安に感じたり心配になったら、その時点で病院を受診すること。

そして、信用できないのであれば潔く病院を変えてしまうこと。

 

これが何よりだと思います。

 

 

大切な時間を無駄にせず、そしてまだ見ぬ我が子への思いを馳せながら、着実に進んでまいりましょう。

 

 

ということで、病院選びは大切だのお話でした。

 

 

んでねー!!