読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

いつから「告白」が必須だと思い込んでたの?まず『キス』してから考えたらいいじゃん!!

恋愛とか

f:id:uriuridayo:20160227160150j:plain

 

こんちは!

うりだよー!!

 

さて今回も『モテたい!彼女欲しい!』と願うみなさまに送りたい大事な記事です。

 

 

まず、過去記事をまだ見ていない方は先にこちらをご覧下さいませ。 

uriuridayo.hatenablog.com

 

この記事の冒頭で、こんな記載をしています。 

彼女欲しいなぁと思ってから実際に付き合うまでのプロセスなんですが、 一般的には以下のような感じだと思います。 出会う デートする 相性がいいなと思ったら告白 OKならお付き合い

これを知れば恋愛マスター!?『デートは3回までの法則』 - うりだよ。

 

 

今回の記事でも、別にプロセスをどーこー言うものではありません。

あくまで「ゲットするために」覚えておいて欲しい大事なことを伝えたいんです。

 

 

結論から言うと、彼女が欲しいなら、

「告白なんていらねぇ。最速でキスを狙え。」

 

そんなお話です。

 

 

なぜ「キス」なのか

 

f:id:uriuridayo:20160227160502j:plain

 

最初に書いた「通常考えられるプロセス」から考えるとキスまでの道のりは、

 

  1. 出会う
  2. デートする
  3. 相性がいいなと思ったら告白
  4. OKならお付き合い
  5. キス
  6. それ以上・・?

 

となって、『だいぶ後のこと』ととらえられがちです。

 

 

 

が、ここで私は主張したいのです。

いつから「キスは付き合った後じゃなきゃいけない」と決まったんですか?

 

 

 

 

中学生くらいの頃によくあった会話、

「どこまでしたの?」「Bまで!?」

などでお馴染みの「恋のABC」を覚えているでしょうか?

 

「A」はキスで「B」は..というあの内容、懐かしいですよね。笑

 

 

関係の進展具合の指標みたいなもんでしたが、こうゆうのも、

なぜか前提は「付き合った後」って感じがしますよね。

 

日本人的な貞操観念については言及しませんし、できないのですが、

こうゆう遊びも手伝って、なおさらこうゆう刷り込みが行われていると思うんです。

 

 

断言します。恋の始まりは「キス」です。

 

 

 

キスした男性というのは、女性の側からして、

「キスできた人=自分を許せた人=交際できる(してもいい)人」

という図式が成り立ちやすいです。

 

 

また、そこから発展して、

「キスできる相手=体を許してもいいかなという相手」

というようにも繋がっていきます。

 

 

 

順調に通常のプロセスを踏んだって別に構わないとも思います。

 

ただね、

『どうしてもこの人をモノにしたい』

 

こんな風に思うのであれば、みんなと同じプロセス踏んで競争するんではなく、

『いかにこの人と早くキスするか』

 

こうゆう思考で臨むのがベストです。

 

 

告白なんていらない

f:id:uriuridayo:20160227160937p:plain

 

前項で、 

 

キスした男性というのは、女性の側からして、

「キスできた人=自分を許せた人=交際できる(してもいい)人」

という図式が成り立ちやすいです。

 

と書いたように、キスができれば告白なんて過程は要らないことになります。

 

 

それでもやっぱり告白したいなぁ・・と思っているあなた。

真面目クンだなぁ!!

 

 

「告白をする」ということは、「相手にYES・NOの選択肢を与えて選ばせる」ということですよ?

 

上下関係じゃないですが、自ら下手(したて)に出てどうするんですか。

 

 

 

上手く行けば実るんでしょうが、失敗すると画像のように悲惨な結果になったりすることもあるんです。

 

「告白しない」というのは、リスクマネジメントでもあるんです。

 

 

そもそもですが、いい大人が告白のプロセスなんか踏む必要があるんでしょうか?

告白なんて、キスの後にすればいい。

100%OKなんだから。

 

 

キスの難易度

f:id:uriuridayo:20160227161725p:plain

 

「先にキスしろって、そんなこと言われましても・・・」

 

と、なるかもしれないですが、

実はキスの方が、手をつなぐことよりもずっと簡単なんです。

 

 

想像してみて下さい。

 

例えば想いを寄せる相手が隣にいて、まだまだ友達関係な時に、

どうやって手を繋ぐ方向に持って行きますか?

 

「ちょっと手見せて〜」とかは無しですよ?笑

 

 

きっと、『どんな口実・理由がいいかな』って想像した人が大半じゃないでしょうか?

 

 

 

日本人が握手の習慣がないことも要因の1つなんだと思うんですが、

男性視点でも、恋人でもない人と手をつなぐことってちょっと抵抗ありませんか?

 

だから、『理由を考えなきゃ』って思考になるんです。

 

 

 

一方で、キスに理由は要らないんです。

ノンバーバルコミュニケーションじゃないですが、キスはそれ自体が目的ですから。

 

 

キスに至る雰囲気作りとか流れの作り次第で、いとも簡単にキスできちゃうんです。

手なんか後からいくらでも繋げます。そんなコトは後回しでいいんです。

 

 

どうやってキスするか

f:id:uriuridayo:20160227162044j:plain

 

これまで散々キスしろキスしろと言ってきましたので、

どうやってキスできる雰囲気・流れに持って行くか

について書いていきたいと思います!

 

 

最初に簡単に目標を示しますが、女の子の隙を狙うんです。

・・とは言っても、よそ見してる時にふいを突け!!なんて乱暴なことじゃないですよ?笑

 

そんなんしたら、一瞬で終わります><

 

 

ここで言う女の子の隙とは、キスを許せる状態のことを言っています。

 

 

 

ということで、少し具体化して流れを書いてみます。

 

 

 

まずは、相手に触ることから始めます。

そして、ちょっとずつお触りできる範囲を増やしていきます。

 


部位としては手とか耳とか頭とかが考えられます。

あくまでエロを感じさせないポイントがいいと思います。

 

 

でも耳だと若干エロスがかる感じがするかな。

触れるなら触った方がいいですが、ちょっと先ですかね。

 

 


恐らく部位としては、頭・・それも髪の毛が一番楽なので、ここからの展開を会話を入れて追っていきます。

 

 

自分「髪めっちゃきれいだよね~」

相手「そんなことないよー。超傷んでるんだよ?」


自分「俺、髪ソムリエ2級なんだよね。笑 ちょっと判定させてよ^^」

相手「ええー」

 

・・とか言いながらも、大体は髪くらいなら触らせてくれます。

 

 

毛先をさわさわした後、ついでに頭を軽くなでたりしてみます。

 

自分「あーやっぱり根元より毛先の方少し痛んでるかなー、でも味わい出てるよ笑」

相手「適当だなぁ!」

 

 

ちなみに、頭を触るのを嫌がるようなら少し様子見です。

嫌じゃなさそう、逆に俺のを触ってくるなど積極性があるなら脈ありかも。

 

 


こんな風に会話とたまにお触りをしながら、物理的な距離をだんだんと詰めます。

飲食店なら、対面より並びになるカウンター席が良いです。

 

 

距離を詰めれたらたまに目を見る。時々少しだけ見つめてみたりします。

女性が目をそらすかどうかを確認するのです。

 

 

こうやって段々タイミングを計っていきます。

 

 

 

目をそらさないようであれば、

目が合って、少し会話が途切れたところで、そのまま軽くキスしちゃいます。

 

キスするのに前置きは一切不要です。

 

 

ここまでパーソナルスペース内に入らせてくれて、かつタッチを拒まないような人なら、拒否される心配はほぼありません。

 

 

多少、場所を含めて雰囲気を読む必要はありますが、2人きりであればなおさら成功率も上がります。

 

 

まとめ

f:id:uriuridayo:20160227162719j:plain

 

いかがでしたでしょうか? 

自分はこのやり口を身に付けてから、一度も落とし方に悩んだことはありません。

 

 

よく「女性を口説く」なんて言いますが、

そもそも、口説くって時代に合わないですよね?

 

口説くって、自分の優位性を語って女性を落とすんですか?

お金持ちや有名人ならできるかもしれませんが一般人には無理ですよね。

 

そんなことしてるくらいなら「功徳(くどく)」でも積んでろって感じですよ。

その方がよっぽど救われます。笑

 

dictionary.goo.ne.jp

 

 

 

むかーし、同期入社の女の子に

「うりって女の子途切れないよね。なんで?」

 

って聞かれた時にこの持論を披露したら、

「こわーい!!笑 けど、その通りかも!」

 

と言われたんです。

 

 

多分、それくらいリアリティのある話なんですよ。自分の実体験も含めて。

手の内を明かしてしまったから、この子とはなんもイイコトできませんでしたが。笑

 

 

 

さて、これであなたの戦略も万全のものとなりましたね。

 

いいですか?

狙うのは告白して手を繋ぐことじゃありません。

最速でキスを狙うことです。

 

キスできたらもうこっちのもの。

それ以降は努力しなくともぜーんぶセットになって付いてきます!!

 

 

こんな感じでっ!

んでねぃ。