読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

知らないのはもったいない!!『0.01mmの世界』

雑記

君はあの日の事を覚えているだろうか。

薬局の入り口脇に佇むあの小さな小さな自販機で、恐る恐る500円玉を投入したあの日の事を・・

 

 

 

それは・・そう、ビ○本の自販機とはまた異なる緊張感。背徳感。

 

『ガコーン!!!』

なんて派手な音はしないんだけど、何となくそそくさと立ち去りたくなるあの感じ。

 

 

 

 

コトン・・

控えめな音とともに転がり落ちた小さな小箱をポケットにしまい、

急いで家に帰って中身を確認する。

 

f:id:uriuridayo:20160221184001p:plain

こんな感じのイラストがプリントされたカラフルなパッケージが姿を表す。

そう、自販機に書かれているとおり。家族計画は大事だ。

 

こんな風に思っていた時期が俺にもあった。

だがしかし、妊娠て奇跡なんだな・・と最近は思うわけで。

 

 

uriuridayo.hatenablog.com

 

 

ということでコン○ームの話だ。

ぶっちゃけ中学生くらいの時は買うのがめちゃくちゃ恥ずかしかった。

(うらやまけしからんという話は後で聞く。)

 

 

 

高校生くらいでやっとコンビニ購入がどうってことなくなって、

大学生くらいでドラッグストアで爽やかに購入できるようになった。

大人になったのであろう。もはや茶色の紙袋ですら不要なのだ。

 

 

「あ、袋いらないです。」

どうだ、エコも意識しているデキる大人だろう?

 

 

デキる猫さんにはフィリックスをあげてあげればいい。 

 

 

 

デキるみなさんにはコン○ームだ。(錯乱)

 

 

今はインターネッツが発達している。

ゆえにもう対面での購入はわざわざしなくとも良い時代だ。

 

 

 

 

色々と語ってはきたが、コン○ームには苦い思い出がある。

あれはもう10年前になるか・・

 

 

ある日俺はいつものように彼女と励んでいた。

そう、いつものように・・

 

コトが済み、パンパンになったゴ○を外した時、ほんの少しだけ違和感を感じた。

 

「太くなって・・いる・・?」

 

 

日々の鍛錬により、ム○コが進化したとでも言うのか。

そんな錯覚と、得体の知れない悦の感情がわき上がる。

 

 

が、終わったばかりだ。疲れているだけで気のせいだろう。

俺は眠りについた。

 

 

 

朝が来た。

ベッドから起き上がり、いつも通りトイレに行く。

俺は戦慄した。

 

 

チ○コが水ぶくれでいつもの3倍の太さになっている。

 

 

「なんじゃごりゃー!!」

現代の太陽に吠えろ、ここにありであった。

 

 

 

その日は予定があったが、俺はまずこの暴走チ○コを何とかせねば・・何とかせねば・・という思いにかられていたので、ソッコーで医者に駆け込んだ。

 

 泌尿器科と少し迷ったが、一応皮膚疾患系かなという判断を下して皮膚科をチョイスした。

 

 

皮膚科医は男性であったが、これに至った過程を説明せねばならない。

彼はニヤニヤしながら、「あんまり激しいのはねぇ・・」との言葉を与えてくれた。

 

『昨日はそんなんでもねぇ。』

俺はそんな事を考えながら、「あはは・・」と返すのが精一杯であった。

 

 

診断としては、

  • 単なる摩擦によるヤケドのような状態
  • ラテックスアレルギーの疑い(確定診断には要パッチテスト)

 

とのことであった。

 

とりあえず水ぶくれを取る?内服薬と、直接患部に塗る外用薬を処方され、俺は病院を後にした・・

 

 

前置きが長くなったが

ということで今回はコン○ームの話です!

避妊や性病予防のため欠かせないものですが、その種類はたーくさん。

 

「もうどれを選んだらいいのかわからないの><」

という方も、

 

「新しい世界に踏み込んでみたいんだ・・」

という方にも、

 

ちょっとだけ読んでみて・知って欲しい感じかな。

 

 

一般的にですが

 

f:id:uriuridayo:20160304225407p:plain

 

コン○ームって、ラテックス(天然ゴム)製なんですよね。

手袋とかと同じ。

 

世界に流通するコン○ームの9割以上を占めててかつ歴史も長い。

ゆえに性質も品質管理も非常に研究されてて、一番安心して使用できるものです。

 

さらに、高品質な割に安かったり、その形状にバラエティーがあったり、潤滑油やゼリー、香り付きなど、そのバラエティーの豊富。

 

一方で、デメリットも有ります。

素材は天然ゴムなので、劣化が早く、扱いには注意が必要です。

加えて、ゴム特有の匂いもあり、まれにアレルギー反応を示す人もいます。

 

コレですよ。ラテックスアレルギー。

 

 

チ○コ水ぶくれ事件によりコレが疑われた俺は、どうにかしてこの問題を回避して、

「また普通の○ックスライフを贈りたい><」こう願ったのです。

 

 

ラテックスフリーのコン○ーム

 

ラテックス(天然ゴム)ではなく、ポリウレタン製のコン○ームがあるんですよ。

これなら、ラテックスアレルギーの人でも問題なく使えるってもんです。

 

「困っている人ために開発された素晴らしい商品だ・・」

 

そう思いがちですが、

ポリウレタン製が開発された理由はコン○ームの薄さ戦争にありました。

 

 

『貴男と貴女の距離を限りなく0に近づけるために・・』

なーんてキレイに表現してみましたが、要するに限りなくナマに近い感触を求めれば薄さを求めるのは必然となるわけですな。

 

 

んで、『薄さこそ正義』だとばかりに、各社しのぎを削ってラテックスの薄さを競っていったものの、0.03mmが限界でした。

 

一方、材料をポリウレタンにするとさらに薄くすることができたのです。

 

 

そしてついに、相模ゴム工業(株)は0.01mmという脅威の薄さのコン○ームの開発、商品化に成功しました。

 

 

もはや「それホントにコン○ームなの?」って感じです。

日本人技術者の執念というか、この辺はキチガイじみていると思うのは俺だけでしょうか。

 

 

サガミオリジナル0.01mmの世界

 

f:id:uriuridayo:20160304220030p:plain

 

 

従来というかですね、

もともとサガミオリジナルには、薄さ0.02mmの「サガミオリジナル002」という商品があるんですよ。

 

f:id:uriuridayo:20160304220338p:plain

これでも大分ヤヴァイと思うんですが、それのさらに1/2の薄さ!!

もはやこれはナマと言っても過言ではないような気がします。

 

 

そんでもって、技術の粋を集めたこの商品、お値段も驚異的。

f:id:uriuridayo:20160304221008p:plain

 

メーカー希望小売り価格は、5個入りで1,200円

1個あたり240円の高級コン○ームです。

 

 

実際の使用感

 

        

こんなに薄いし、高いコンドームなので何かと気を使いそうですが、実際は普通の商品と全く同じに扱えます。

 

f:id:uriuridayo:20160304221440p:plain

サガミオリジナルは「ブリスターパック」という方式を採用していますので、こうやって開封したら、そのままつまみ出して男性器に装備できます。

 

暗がりでもオモテ・ウラを確認する必要もありません。

 

 

 

実際の装着感ですが、これまでラテックス製の普通の商品しか使ったことない人であれば、「・・やっべー!!」となること必至です。

 

手に取った感触がもう「うすうす感」凄いし、装着しても「うすうす感」がハンパないです。

 

 

 

一方、サガミオリジナル002シリーズ他で薄めのコン○ームに慣れている人は、

正直あんまり違いを感じないかもしれないです。

 

「ふーん、こんなもんか・・」みたいな。

 

 

 

で、こっからは共通してくると思うんですが、

とにかく「最も薄いコン○ームを付けて限りなくナマに近い」という状況からの、

えも言われぬ興奮感は凄いです。

 

破れる訳がないんだけど、破れたらどうしようみたいな恐怖感もまたコレを煽ります。

 

 

女性側の感触でも明らかに薄さは分かる上、「ホントに付けてる?」みたいに思うようです。(※個人差があると思う)

 

 

まとめ

 

f:id:uriuridayo:20160304224315j:plain

 

ちょっとシモ目線豊富に0.01mmの世界を書きましたが、コン○ーム付けるのって大切だと思いますよ。

 

感染症予防はもちろんのことなんですが・・

 

コン○ームって潤滑剤が塗布されてるんですよね。

女性だって、気分や体調で潤いがちょっと足りないかなという日もあるはず。

(ロー○ョンもいいんだけどおうちだと汚れるしなっ☆)

 

そんな時、女性の体の保護のようなものにもなるんではないかなぁと思っています。

こうゆうとこでも紳士であって下さいな。

 

 

 

少し高めの商品ですが、機会があったらぜひぜひ一度はお試しあれ。

愛する2人の距離をゼロにしちゃえばいいよ!!

 

 

こんな感じで!

んでねぃ。