読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

Can you speak English? —英会話始めてみませんか?—

f:id:uriuridayo:20160319190117j:plain

https://www.pakutaso.com/

 

こんちは!!

うりですー!!

 

さて、もうすぐ春ですね。

だんだん暖かくなってきて、何か新しいことが始まるんじゃないか・・なんてワクワク感がたまらなく好きです。

 

そんな、「何か新しいことが始まる」この季節に英会話なんていかがですか?という感じで、自分が通っていた英会話スクールについて書いてみたいなぁなんて思います。

 

目 次

 

 

きっかけ

 

f:id:uriuridayo:20160319190348j:plain

 

中学時代から英語は好きで得意だったんだけど、大学でてからはめっきり使わなくなってたんですよね。

そんな時、仕事でイギリスの方とやり取りするようになりました。

 

当然英語のメールになるんだけど、ちょっとの事を伝えるのにすごーく時間が掛かってたんだよね。

いちいち例文をググって、内容を入れ替えるために辞書引いて。

正しく伝わりそうか何回も推敲して。

 

そんな風に苦労して作ったメールで、うまく意思が伝わって返事がかえってくると、すごーく嬉しくなったんだよね。

 

その人は、いちいちメールに仕事に関係ない文章、

『こんな時間まで働くなんて、日本人は働きすぎだから体に気を付けてね』とか

入れてきてくれて、業務内容と関係ないコミュニケーションも楽しかった。

 

そんな中で、やっぱり英語話して、もっと自由にコミュニケーション取れるようになろうって思ったんです。

 

 

通っていたスクール

 

俺が通っていたのは、プライマリーという英会話教室でした。

www.es-primary.co.jp

 

通っていた当時は、「英会話教室=レッスン費用総額先払い」で、簡単にやめられないし高いだったんだけど、ここのスクールは月額制だったんだよね。

 

そして、地元のフリーペーパーで入会金無料キャンペーンもやってたし、もし合わなかったら辞めようっていうくらいの気持ちでここに通うことにしました。

家からも近かったし。

 

 

費用ですが、自分の場合は月4回レッスンのコースで1万円ちょっとでした。

 

 

クラス分け試験

 

プライマリーでは、クラス別の授業制になっていました。

レベルは、1(本当の初学者レベル)~6(ネイティブと遜色ないレベル)までの6段階。

 

まず一番最初に、レベル判定のためのネイティブ講師との会話試験をやらされます。

試験と言っても普通に日常会話をするだけ。

 

Hello! Nice to meet you!
から始まって、

 

What's your name?(お名前は?)
What are you doing?(お仕事は?)
What's your hobby?(趣味はなに?)

 

こんな質問を交えながら、ちょっとずつ深く話していく感じ。

 

ちなみに、自分の場合は趣味でエレキギター弾くよー」って答えたら、

何系をやるんだとか、バンド組んでるかとか、好きなアーティストは誰だとか、

詰まりながらもこんなんで盛り上がりました。

 

盛り上がったといっても、内心は冷や汗ダラダラ。

やっぱりネイティブとガチで会話をしようとすると、ものすんごい緊張すんのね。

 

それでも、6段階のレベル分けで、下から2番目、ある程度理解できるけど、意志疎通がギリギリ。くらいの所に落ち着きました。

 

 

実際のレッスンについて

 

f:id:uriuridayo:20160319190434p:plain

 

レッスンは、同じレベルの生徒同士で最大6人くらいの少人数グループ制。

最初のクラス分け試験でレベルが決まると、そのレベル別にレッスン予約入れて通う感じ。

レッスン時間は1コマ1時間です。

 

基本的には、教室に入ったらイングリッシュオンリーの世界ですが、実際のレッスンは、講師によって全然違う。

 

ある先生はテキストを追いながら、またある先生はテキスト全然使わずに、ネイティブが実際会話で多様するような表現を沢山教えてくれる。こんな感じです。

 

少人数だから、短い時間でもきちんと会話の練習ができる。

(隠れることもできません。笑)

 

 

宿題とかは出ないけど、共通するのは毎回レッスンの始めに、今週のトピックというか、そうゆうのを発表するのを求められてました。

 

だから、ある程度の予習というか、毎回レッスン前にはこれまでを復習して、それを使って何かネタを考えていく・・・そんなことを毎回してましたね。

 

 

効果はあった?

 

元々英語は苦手なわけではなく、英検2級・TOEIC 600点位とまぁフツーなわたくし。

スクールでは、半年ちょっとのところで昇級を勧められ、レベル3(日常会話に支障なし〜ビジネス会話少し)になりました。

 

 

実際の英語力が上がったのかどうかはわからないけど、とりあえず感じたのは、ネイティブと会話するのが怖くなくなったいうことです。

 

なんとなくだけど、外国人の方と話す・・・というか、近寄られるだけでも何か抵抗感ありませんか?

『ヤバ!英語で話し掛けられたらどうしよう!』みたいな。

そういうのが全く無くなりました。

 

 

京都に旅行に行ったとき、オーストラリアからきたという家族のパパから話し掛けられたらんですよ、嵐山にはどういけばいい?みたいに。

「僕らも旅行者なんですけどね笑」なんて言いながら、行き先が同じだったので、一緒に移動してあげました。

 

以前では『英語話せないよごめんね。』で終わりそうなところ、こんなことができるくらいには会話できるようになりました。

 

 

あとは海外旅行先。

少しのことなら怖くなくなったような気がします。

それだけ言葉の力って心強いもんなんだなーと思いました。

 

 

まとめ

 

f:id:uriuridayo:20160319190744j:plain

http://sozai-good.com/

 

こんな感じで、自分の英会話教室体験をまとめてみましたが、書けば書くほどデメリットはほとんどなくて、メリットが沢山なことが自分でも分かりました。

 

こうしてお金をかけてやるのもいいんだけど、義務教育でもこうして沢山会話する授業があれば違うんだろうなぁと思います。

 

実際できるかできないかは別にして、少人数で会話するのがこんなに効果的なのかと、この年にして思いました。

 

ALTの先生とか居ましたよねー。その人とタダで会話できてたんですよ?

フツーに社会人生活してると、恐らくこんなに身近に海外の方いること・話せることってないですし。

 

 

さてさて改めて、もうすぐ春がやってきます。

何か新しいことを始めようかなぁって思ってる人は、仕事に関係なくとも、英会話というのも一つの選択肢になるんじゃないでしょうか?

 

という感じで。

んでねぃ。