読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

『僕はただひたすら穏やかにタバコタイムを楽しみたい』ってそれだけの話。

わたくし、世の中の嫌われ者『喫煙者』なんだけどさ、タバコって美味しいよ?

特にさ、メシの後とかマジハンパない。

  

そんなわたくしには喫煙時のポリシーみたいのがありましてですね、その美味しーいタバコタイムは1人でゆっくりやりたいわけなんです。

静かに1人で吸いたいの。

 

天気の良い日も悪い日も、暑い日も寒い日も、空を眺めたり街行く人を眺めたりってのが落ち着きをもたらすんだなぁ。

 

 

それなのに

 

なーんかねぇ。

喫煙スペースで妙に接近してくるヤツがいるんだよねー。

 

こんな感じで喫煙室があるとして。

f:id:uriuridayo:20160518190032p:plain

 

俺が一番に入っていたところ・・

f:id:uriuridayo:20160518190308p:plain

 

なぜなのか。

 


狭いところでもなく、灰皿が少ないわけでもなく、混んでるわけでもないのに、なぜか隣とかにきちゃう。

俺お前の知り合いでもなんでもないんだけどーって感じで。

 

 

近づいてくるヤツの心理を勝手に考える

 

【寂しいパターン】

 

おっさん『俺もうだめだからww誰かといないと死んじゃうからwwだからそばに居たいのwww』

 

うるせぇ。近づいてくんな。笑

あ、でもカワイイおねーちゃんの場合は喜んで。


これ最初に書いた絵に近い感じだけど、他に行き場があるにも関わらず隣に並んでくるやつホントになんなの?

俺だったら積極的に離れるけどなぁ。


なんとなく喫煙者で固まらなきゃ><とか勝手に思ってんのかしら。

 

 

もっと嫌なのが、俺の前に立って視界のど真ん中に入っちゃう系。

おっさん『あなただけにww見つめられたいwwwww』


俺はそっとその場を離れる。

 


【喫煙者の仲間意識?パターン】


おっさん『あwwタバコっすか?wwいやあ奇遇だなぁwwボクもなんですwww』

うるせぇ。近づいてくんな。笑


昨今の喫煙者イジメの環境がそうさせたのか、それとも新幹線ホームの小狭い喫煙ルームに押し込められた記憶からなのか、なんか灰皿周りに密集しますよね。

 

そりゃきちんと灰や吸い殻は灰皿に入れなきゃいけないんですが、そんなに近づくこたぁねえだろうがよと思うわけで。

 

あんまりにも密集するから、灰を捨てたいだけの自分はとてもストレスが溜まっちゃいます。。

 


【俺にシンパシーを感じた?パターン】


おっさん『あなたのwwオーラがwwボクを呼んでいるwww』

うるせぇ。近づいてくんな。笑


これですよこれ。一番意味わかんないヤツ。

突然近寄られるとビビっちゃうからやめて・・・

 

 

これ書いてて思ったわ。

そんなに嫌ならタバコやめろや

って話でカタがつきますね。笑

 

やめないけど。

 

 

関連記事