うりだよ。

FXとANAマイラーと雑記と・・いろいろのブログ

Ads by Google

【FX】2016年6月28日のお話。

www.newsweekjapan.jp

 

EU離脱を問う英国国民投票が行われた先週。

大多数が残留と思っていたところ、まさかの『離脱派勝利』によって、為替を含めて市場は大混乱に陥りました。

 

 

過去記事でも書いていましたが、コレに関連して相場が荒れることは予想がついていたわけで・・

 

『こんな日はノートレードが一番安心』をまさに体現した日になったわけです。

 

一番大事なことは『退場しないこと』この1つに集約されます。

 

ドカンと大儲けできればラッキーですが、その裏にドカンと大損が有り得ることも十分に理解しておかなければいけません。

 

ドカンと儲けて勝ち逃げできれば一番なんだけどね。笑

 

 

2016年6月28日の取引

f:id:uriuridayo:20160628183246j:plain

 

まずはいつも通りチャートの画像から。

左上→右上→左下の順番で、ドル円→ユーロ円→ポンド円(いずれも15分足)です。

 

昨日(27日)の為替相場は先週の余波を引きずっていて、スプレッドも広く、個人的にはとてもトレードできるような状態ではありませんでした。

 

今日は若干の窓は開いたものの、入れそうなポイントがあったので久々のトレードです。

 

 

いつもどおり8:30頃までチャートを監視してから、今日の目線をロングに確定させました。

エントリーポイントは直近の高値付近。

少し遠いかなぁと思いましたが、ここをスパっと超える勢いがなければどのみち損切りですので、ビビらずに指値を入れて準備完了です。

 

位置的にはすぐにでも刺さりそうな感じでしたが、なかなか約定しません。

結局最初に約定したのはポンド円(10:20頃)でした。

 

エントリーしたなぁ・・と思っていたら、わずか6分後に逆指値にヒット。損切り。

マイナス17pips程度。

 

画像見るとわかるのですが、ここでピロっと上げたんですよねー。

エントリー直後の損切りはまぁありますが、ここまで短いと少しへこみます。。

 

 

次いで、11:30過ぎくらいにドル円・ユーロ円が約定。

ドル円については、直近高値を一度超えたものの、勢いダウン。

20分後に逆指値にヒット。損切り。

マイナス15pips程度。

 

ユーロ円については他の2通貨ペアとはことなり、上昇基調が維持されていました。

ということで昼過ぎにストップを建値に移してホールド開始。

・・したのですが、ここからが伸びず!今見れば少し押し目を作っているような感じで、15:20頃、ストップにかかってゼロ決済となりました。

 

悲しいですが、まぁ仕方のないこと。

今回はこんな感じで。